『The Way』(日本語題名『星の旅人たち』)映画のリビュー

『The Way』(日本語題名『星の旅人たち』)映画のリビュー

2010年スペインで初公開、2011年アメリカで、日本では昨年公開した映画で、最近友達に勧められて見た作品。日本語題名は『星の旅人たち』。

脚本・監督は、エミリオ・エステベス。主演は実父のマーティン・シーン(弟は出演していなかったが、お騒がせ俳優のチャーリー・シーン)。

カリフォルニアに住む眼科医のトム(マーティン・シーン)は、ある日仕事を早目に切り上げて、仲間たちと定例のゴルフ。プレー中での出来事だった。一人息子のダニエル(エミリオ・エステベス)が悪天候の嵐の事故で急死したとの悲報を電話で受け取る。スペインとの国境近くのフランスの街からだった。

ダニエルは、スペイン北西部の1000年も続くサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出かけ始めた時だったのだ。ダニエルから一緒に行こうと誘われたが、父親は、そんな旅なんて、と批判的だった。

父親は、息子の遺品を取りに現地に向かう。警察署で遺体を確認し、遺品を受け取る。それはひとつのバックパック。すぐにカリフォルニアに戻る予定だったが、息子のダニエルはどういう想いで巡礼の旅に出たのか、遺灰を持って、息子が果たせなかった旅を引き継いで自ら最後まで辿り果たすと決意する。

オランダ人の太ったヨスト、カナダ人の謎の女性サラ、アイルランド人のライターのジャックと知り合い、旅を共にする。最初はお互いあまり打ち解けようとしなかったが、ひたすら歩き続ける中、それぞれの個性的なキャラクターがそれなりの悩みや目的を持っていることが少しずつ理解するようになる。




途中途中で、父親は疎遠になっていた息子の姿を思い出しながら、本当に悔いのない親子関係だったのか、怒りや悲しみ…色々な思いを感じるようになる。800キロの旅は何のため? 人のため? 自分のため? 人生とは? 家族とは? 親子とは? 人生は、はなかい……のか? 人生は選べないのか? 生きるとは? 黙々と歩き続ける旅人たち。ストーリーも同じようなテンポでたんたんと進んでいく。最終の聖地、サンティアゴ・デ・コンポステーラに辿り着いた。しかし、旅の途中で出会ったジプシーが言うようにさらに歩き続ける:「そのままもっと進み続け、息子の遺灰を海にまくんだ」。父親はやっと救われた気持ちになった。

とても地味な内容でCGバリバリのハリウッドの大作映画に見慣れている中、とても異様な作品に感じた。いきなり息子が死ぬショッキングなプロットも、驚きあたふたさせる。4人とも最後まで辿り着けたのは、うれしくなった。赤の他人だけど一時的にでも何か通じ合えた仲間がいたから、父親のトムはやり遂げることが出来たのであろう。そしてトムがいたから仲間の3人も。

しみじみと人生を振り返りながら大切なものは何かと、再び気付かせてくれる感じの作品である。スペインのほのぼのとした地方の自然の景色が癒してくれる程、純粋で素晴らしい。途中から(夜中に部屋の暗い中独りで見ていたこともあり)本当に自分も一緒に旅をしている気持ちになってしまった。雰囲気ぴったりの音楽もよかった。ジャックが最後の教会の中で座りながら涙しているシーンも良かった。心の中で色んな想いがあったのだろうと察する。暗く切ない悲しいストーリーのようだけど、見終えると心が洗われたような不思議に明るい気持ちになった。



*ひとつ疑問点がある。違うかもしれないけど、もしかして、見た目はおっとりで優しい父親だが、実は酷いアル中で、昔何度も酔っては息子が傷つくほどの暴言を吐いたり、暴力も?ふるったこともあったのかも。息子は、父親が好きだけど、そんなこともあり、距離を置くようになっていった? のかなと思うけど、どうだろう?

ともかくも、この作品の存在を教えてくれた長年の友達のヨシだけど、実際は彼の20才の娘がヨシに推薦したらしい。見終えたあと、中年ぐらいに年とってから、初めてこういう作品の良さが理解できると思ったが、そんな若い娘さんが、その年でこの作品を見て素晴らしいと思うなんてびっくりした。素晴らしい感性の持ち主なんだろう。自分が若い頃みたら、何だこりゃ? と絶対思ったことだろう。日本だったら、四国の八十八箇所の巡礼相当するのかもしれないね、とヨシと話した。いつかサンティアゴ・デ・コンポステーラも八十八箇所もどちらも行ってみたい。皆さんにお勧めの一作です。

昔聞いた話ですけど、エミリオ・エステベスは、父親や弟と違って本名の名字を名乗ってます。これは、自分がスペイン系の子孫で、とても誇りに思っているからだと。そんな彼だから、スペインの心のストーリーを作りたかったのかもしれませんね。

最近、スペインで起きた悲惨な列車事故。乗客の中には、このサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼に参加するために来た人もいたと聞きました。冥福をお祈りします。合掌。






NAGADOI FILMSのページ クリックするとリンクします!



MAPICO GALLERYのページ クリックするとリンクします!



www.mapico.net

www.mapicomedia.com

マピクマをよろしくね!



『ハリウッドを笑い飛ばせ!』をどうぞ!

『ハリウッドを笑い飛ばせ! 映画が面白くなる業界ウラ話』 
好評発売中! LAで撮影した映画『エンジェルゲーム』の撮影内容が詳しく執筆されています! どうぞご購読下さい!




HPリンクはこちら!
http://www.nagadoifilms.com/book1.html



ここからオーダーできます!




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

NAGADOI Blog!
http://nagadoifilms.dtiblog.com/


Browse other gifts from Zazzle.


View more gifts at Zazzle.

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2013/07/30(火) 12:49:48

Los Angeles Tシャツ!

MAPICO ZAZZLE.comの新作品をどうぞ!


Los Angeles Playful T-Shirt #1
Los Angeles Playful T-Shirt #1 by MAPICO
Check out other California T-Shirts at zazzle.com


Los Angeles Playful Bag
Los Angeles Playful Bag by MAPICO
Create one-of-a-kind customized canvas bags on zazzle.


“Los Angeles Playful” Button!
“Los Angeles Playful” Button! by MAPICO
View more California Buttons at zazzle.com




“Los Angeles Playful” Stickers
“Los Angeles Playful” Stickers by MAPICO
Look at California Stickers online at Zazzle.com




make custom gifts at Zazzle
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2013/07/21(日) 14:03:11

LACMA訪問その1

LACMA訪問その1

LACMAラクマと言うらしい。夏の暖かい日に訪問しました!
Los Angeles County Museum of Artの略で、ロサンゼルス・カウンティ・ミュージアム・オブ・アートのこと。ロサンゼルス郡立美術館。ハリウッドの南のウイルシャー通りのある大きい総合美術館だ。

HPはこちら!
http://www.lacma.org

入り口の「Urban Light」電灯がたくさん並んでいる!





「Levitated Mass 」浮遊するかたまり?
芸術家:マイケル・ハイザー
彫刻作品らしい。
重さ340トンの巨大な岩!




あ〜重いよ!


NAGADOI FILMSのページ クリックするとリンクします!



MAPICO GALLERYのページ クリックするとリンクします!



www.mapico.net

www.mapicomedia.com

マピクマをよろしくね!



『ハリウッドを笑い飛ばせ!』をどうぞ!

『ハリウッドを笑い飛ばせ! 映画が面白くなる業界ウラ話』 
好評発売中! LAで撮影した映画『エンジェルゲーム』の撮影内容が詳しく執筆されています! どうぞご購読下さい!




HPリンクはこちら!
http://www.nagadoifilms.com/book1.html



ここからオーダーできます!




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

NAGADOI Blog!
http://nagadoifilms.dtiblog.com/


Browse other gifts from Zazzle.


View more gifts at Zazzle.

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2013/07/19(金) 10:41:49

プロフィール


nagadoifilms


1963年東京生まれ。東京出身。1987年ミネソタ州マカレスター大学卒業後、アーサー・ヤング・インターナショナル(現アーンスト&ヤング)入社。1994年UCLA大学院映画学部にて修士学位号(MFA)取得。MPAA(全米映画協会)賞受賞UCLAシネコ映画団体代表。

1999年春、短編「モーメント・カフェ」がヒューストン・ワールドフェスト映画祭で金賞受賞。2000年2月初長編スリラー映画「Cruel Game」DVD全米リリース(ユニバーサル)。「エンジェルゲーム」DVD日本マーケットリリース(D’s Gate)。「Deception」海外40ケ国配給中。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、よろしくね!












































短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(1... by mapicomedia

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付... by mapicomedia

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSリンク