The King's Speech 英国王のスピーチ The Best Film!!!!

The King’s Speech

久々に見る誠に素晴らしい作品である。アカデミー賞12部門にノミネートされた。自分が見る前に、既にその作品を見た5名ほどの友達が「凄く良かった」と口を揃えて言う。是非、見るべきだと強く勧められていた。たいていこういう場合、この時点で仲間達の評価が別れるのだが、この作品に限っては、全員気に入ったようで、自分の中で期待感が序々に高まっていた。仲間のひとりは「ここ10年の中で一番良かった」と。もうひとりは「最近、CGばっかりのアクション映画の連続で、まさにこれは『映画』っていう『映画』だよ」とのコメント。

ストーリーは、コリン・ファース演じる次男のアルバート王子(のちのジョージ6世、現英国女王エリザベス2世の父)は、吃音(きつおん)障害を抱え、公共の場で極度の緊張が襲いかかり、うまくスピーチが出来ない。内気な性格もあり、フラストレーションも溜まり、深く悩む。常に元気づけてサポートするヘレナ・ボナム・カーター演じる妻のエリザベスのアイデアで、ジェファリー・ラッシュ演じる言語障害療法専門士のライオン・ローグを雇うことに。

オーストラリア人のライオネルは、アルバート王子を「バーティ」と呼び、対等な関係を築き、患者である彼の心の中に入り込んで行く。二人の中年の男同士が、二人三脚で必死になって山あり谷ありの中、障害を乗り越えていく。喧嘩をしながらも友情が芽生える。アルバート王子の兄で、ガイ・ピアース演じる長男のエドワード8世は、アメリカ上流階級の離婚経験者の女性と恋に落ち、王冠継承を破棄したため、アルバート王子が思いもがけぬ国王に即位。そしてヨーロッパでヒットラー率いるドイツが領地拡大の侵攻を続ける中、第2次世界大戦開戦に向け、英国民に向けたジョージ6世の見事なスピーチは大いなる勇気を与えた。

(ネタバレ)エンディングのラジオ生放送のシーンは圧巻だ。ライオネルのアンオーソドックスなテクニックで、幾度となく障害を乗り越えて来た特訓の成果を見せる最高の場だ。緊張が高まる中、キング・ジョージは民衆の心を勝ち得るスピーチをやり遂げたのだ。素晴らしいのは、国、国民、社会に対して多大なる責任のプレッシャーを抱える国王(キング)を、我々と同じ1人の人間として、共感でき、感情移入し、応援したくなるのだ。国王も皆と同じ、個人的な悩みを抱いている人間である、と。そして国王のひたむきな努力は絶賛に値する。

ジョージ6世のエリザベス王妃の、内助の功(表現古い?!)的な陰で支える夫への、なにげないが大いなる愛情も心を打つ。まさに芯の強い理想的な女性だ。娘二人は、長女は後の現女王のエリザベス2世、次女はマーガレット。「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーン役の王女は、冒険好きなマーガレット王女であり、実際に彼女イタリアに行った際のストーリーに基づいていると言われている。ウィンストン・チャーチルも登場し、当時の政治社会状況の浮き彫りが見られる。随所に霧が舞う映像も、昔的な趣ある雰囲気を漂わせる。

現エリザベス女王の父親、ジョ−ジ6世は幼い頃から病弱気味で、若くして(56歳)亡くなった事は知っていた。そして、娘のエリザベス女王が25歳の若さで即位し、クイーンの強いイメージは焼き付けられていた。しかしジョージ6世が吃音(きつおん)障害であったことは知らなかった。この作品は、演劇から始まったとされるが、この題材を取り上げた作り手達に感謝したい。

ちなみに、ポール・ベタニーが主役のオファーが来たが断った。「ツーリスト」(主演:ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー)の長期間の撮影後で、どうしても家族と過ごす方が重要だったと述べた。奥さんは「ビューティフル・マインド」で出会ったジェニファー・コネリー。

絶対に皆さんにお勧めしたい映画の中の映画である! 日本では2月28日に「英国王のスピーチ」として公開予定。

「パワー・オブ・フィルム〜名画の法則〜」絶賛発売中!



アメリカにお住まいの方は
Fujisan.comでオーダーできます!

日本にお住まいの方は
アマゾンでオーダーできます!

「パワー・オブ・フィルム〜名画の法則〜」の公式ホームページはここをクリック!



エンジェルゲームDVD絶賛発売中!
アマゾンで発売中!


エンジェルゲーム・オフィシャルサイト




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2011/01/27(木) 16:40:36

これは凄い!

これは、とにかく凄いです! THIS IS AMAZING!
人間の素晴らしさと不思議さ! 是非ご覧下さい!

http://www.stumbleupon.com/su/2MBBxU

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2011/01/19(水) 22:09:24

今年もよろしくお願いします!

今年もよろしくです!

2011年になりました。ウサギ年生まれなので年男になります。
今年は色々プロジェクトが出てきそうなので切磋琢磨して頑張りたいと思います!



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2011/01/02(日) 09:13:43

プロフィール


nagadoifilms


1963年東京生まれ。東京出身。1987年ミネソタ州マカレスター大学卒業後、アーサー・ヤング・インターナショナル(現アーンスト&ヤング)入社。1994年UCLA大学院映画学部にて修士学位号(MFA)取得。MPAA(全米映画協会)賞受賞UCLAシネコ映画団体代表。

1999年春、短編「モーメント・カフェ」がヒューストン・ワールドフェスト映画祭で金賞受賞。2000年2月初長編スリラー映画「Cruel Game」DVD全米リリース(ユニバーサル)。「エンジェルゲーム」DVD日本マーケットリリース(D’s Gate)。「Deception」海外40ケ国配給中。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、よろしくね!












































短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(1... by mapicomedia

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付... by mapicomedia

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSリンク