凄い映画団体があるぞ! 映画団体CAPE(ケイプ)とは・・・?

映画団体CAPE(ケイプ)とは・・・?

Coalition of Asian Pacifics in Entertainment、
アメリカのエンターティメント業界においてアジア太平洋圏系アメリカ人最大の団体、略してケイプです。

ケイプの使命は:
「CAPE advances diversity and cross-cultural awareness by educating and promoting Asian Pacific Americans for key artistic and leadership roles in the entertainment industry.」

CAPEはエンターテインメント産業における主要な芸術的そしてリーダーシップの役割のために、アジア太平洋圏のアメリカ人を教育、奨励して、多種多様な文化交流と理解を促進します。(下の写真は昨年ハリウッドで開かれたホリデイパーティー。役員達。)


ケイプは来年20周年を迎える非営利団体です。様々なイベント、セミナー、朝食会、試写会、メンバー同士の交流パーティー、ホリデイ・パーティー(年末)を行っております。メジャースタジオのFOXがスポンサーの脚本(映画&TV)コンテスト、メジャーネットワークABCスポンサーのキャスティング・ワークショップやCBSスポンサーのTVピッチ・ワークショップなどもあります。自分も長年のメンバーで、現在はBoard Member(役員)の一人としてTreasurer(財務係)を任務しております。メンバーになるには、年会費$75。学生は$25です。アジア系に限らず誰でもメンバーになれます。

普段では会えないメジャー・スタジオのエグゼクティブや、トップのタレント・エージェント、プロデューサー、ディレクター、撮影監督、アクターたちとネットワークの場で出会えたり、自分も撮影スタッフを紹介してくれたり、してもらったり、情報交換したり、とてもキャリアにプラスになっております。皆プロフェッショナルで楽しい人たちばかりです!

ホームページはこちら。
http://www.capeusa.org/about.html

メンバーになるにはこちら。
http://www.capeusa.org/membership.html

最新ニュースはこちら。
http://www.capeusa.org/news.html

次のイベントは7月15日(木)ハリウッドのECCO(http://www.eccohollywood.com/)でメンバー交流パーティーです!

Facebookを通して非営利団体コンテスト中。ケイプに1票、投票して下さい!
http://apps.facebook.com/chasecommunitygiving/charities/954552979-coalition-of-asian-pacifics-in-entertainment-foundation-inc?ref=mf

メンバーになりたい方、ご質問などありましたらご遠慮なくご連絡下さいませ!


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/06/29(火) 11:19:25

映画上映時間が2時間なのは・・・?

映画の上映時間の謎とは・・・?

日本のプロ野球1試合平均時間長さは、3時間10分(190分)

昨年のメジャーリーグの1試合平均時間長さは、2時間50分(170分)

サッカーの1試合平均時間長さは、1時間50分(110分)

アメリカのNFL(プロのアメリカン・フットボール)の1試合平均時間長さは、3時間7分(187分)。実際のプレーしてる時間は、60分(1クォーター15分x4クォーター)。

アメリカのNBA(プロのバスケットボール)の1試合平均時間長さは、約3時間(180分)。実際のプレーしてる時間は、48分(1クォーター12分x4クォーター)。

オペラは3時間半(210分)というのもある。

映画の長さは大抵が90分から120分、特にインデペンデント映画の場合は配給会社が契約時にその長さ以内であることを条件としている。数年前のサンダンス映画祭での長編映画平均の長さは99分であった。

2009年の北米での劇場興行成績トップ10の平均時間は2時間4分(124分)だ。

1   トランスフォーマー/リベンジ    150分
2   アバター              162分
3   ハリー・ポッターと謎のプリンス   154分
4   カールじいさんの空飛ぶ家      103分
5   ニュームーン/トワイライト・サーガ 130分
6   ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 100分
7   スター・トレック          126分
8   幸せの隠れ場所           128分
9  モンスターVSエイリアン         94分
10 アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの 96分

子供向けアニメは子供たちの集中力が長く続かないため短時間にしているのは容易に想像出来る。また上映時間が短いと劇場でかけれる頻度が増えるため=売り上げがあがるシステムだ。特に子供向けは、夜に劇場に見に来る事はまずないので、朝の早めから何度もかけた方が効率が良い。そのためなるべく短いのを好む。また劇場としては、回数をこなして絶対数の来場する観客が増えれば自然と飲み物やポップコーンなどの売り上げも伸びる。

1950〜60年代のいわゆるB級映画は平均70分ほどの長さであった。しかし、いつの時代でも名作は長くても売れた。1939年の「風と共に去りぬ」は231分。1972年の「ゴッドファーザー」は175分。1997年の「タイタニック」は189分。アバターも162分。ドラマチックなストーリーを2時間以内に詰め込むには無理だった、とも言える。もちろん内容が良ければ、長くても見るということを証明している。

スポーツの3時間は、見ていて多少疲れるし、やや長い感じがする。座席に座って2時間が人間の適度な「楽しめる」長さなのかもしれない。いや限界なのかもしれない。

繰り返しになるが2009年の北米での劇場興行成績トップ10の平均時間は2時間4分(124分)だ。

ちなみに現在マラソンの世界記録は、エチオピアのハイレ・ゲブレセラシェ選手の2時間3分59秒(123分)である。人間のドラマは2時間あたりが勝負なのだ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/06/21(月) 07:05:12

映画豆知識:映画マーケットの仕組みとは・・・?

映画豆知識:映画マーケットの仕組みとは・・・?

毎週の様に映画が劇場で公開されている。業界専門雑誌をめくると、常に色々なプロジェクトがデベロップメント(企画中)、プリ・プロダクション(製作準備中)、プロダクション(製作中)、ポスト・プロダクション(編集中)とある。しかし、完成したからといって全てが配給されるわけではない、配給されてもアメリカで劇場公開されるわけではない。海外のDVDやテレビだけの場合もあるし、逆にアメリカではTV映画だけど、海外では劇場公開という場合もある。



一般的に言われる商業映画のマーケットの仕組みは大きく分けて2種類ある。
「メジャー」「インデペンデト」だ。「ミニ・メジャー」と区切れば3種類。

「メジャー」は映画メジャースタジオで、製作と配給を持ち合わせた映画会社だ。昔は劇場も所有していたが、独占禁止法により50%以上は持てなくなった。映画製作費のファイナンスの仕方はリスクを減らすためパートナーを組んだりして複雑化して来たが、基本的には、自分たちが責任もってまかなう。北米のボックス・オフォス(劇場興行収入)の90%はメジャーの作品だ。製作した作品はよほど出来が悪いか、何か問題が起きない限り、ほぼ配給はされる。

現在は「ビッグ6」が存在する。

* 20世紀フォックス
* ワーナー・ブラザーズ
* パラマウント
* ユニバーサル
* コロンビア/ソニー
* ディズニー

MGM/UN(MGM/ユナイテッド・アーチスト)は昔メジャーだが、今では縮小されて規模からミニ・メジャーに降格した感じだ。ドリームワークスも一時はメジャー的な存在だったが、実写部門はパラマウントの親会社ヴイアコムに買収され、アニメ部門が切り離されて独立し、ディズニーが配給する契約をした。

メジャーは、自ら企画とファイナンスした作品の製作は大手のインデペンデント製作プロダクションに発注したり、また他のインデペンデント会社が企画、ファイナンス、製作した作品を配給だけしたりもする。

「インディ」とも言われる「インデペンデント」は、メジャー以外の製作、配給会社をさす。IFTA(The Independent Film & Television Alliance)という団体に属している会社は、海外の会社も含めて150社以上にのぼる。毎年11月にサンタモニカで開催されるAFM(アメリカン・フィルム・マーケット)という最大の映画作品売買の見本市を設立し、運営する。

その中で大手インデペンデントである以下の会社は「ミニ・メジャー」とも言われる。いわゆる製作、配給を独立性を維持しながら仕切り、興行成績を上げてマーケットにインパクトを与えている会社である。

* ライオンズ…ゲート・フィルムズ(「Saw」シリーズ、「Transporter」 シリーズ)
* サミット・エンターテインメント(「The Hurt Locker」、「 Twilight」シリーズ)
* ワイスタイン・カンパニー(タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」)

MPAA(全米映画協会)によると2009年にレイティング(映倫のような査定)した作品数が793本、プロデュースされた作品数は677本。劇場公開された作品数は558。うち、メジャーが158本、インデペンデント系が400本となっている。Nash Information Serviceによると(劇場公開も含めた作品で)2009年のDVDリリースは1153本

しかし、実際作り終えて映画祭などで上映されても、まだまだ配給されてない作品も沢山ある。おそらく作られた長編作品は、年間4000本以上(推定)学生映画、短編などもいれたら50000本以上(推定)あると思う。IMDB(Internet Movie Data Base)によると2009年の登録数は96000本。これは配給されてない作品や、アメリカのテレビのシリーズも含まれている。

つまり、自分の経験からも言えるが、映画は、作るのも大変、配給はさらに大変なのである!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/06/09(水) 17:39:27

プロフィール


nagadoifilms


1963年東京生まれ。東京出身。1987年ミネソタ州マカレスター大学卒業後、アーサー・ヤング・インターナショナル(現アーンスト&ヤング)入社。1994年UCLA大学院映画学部にて修士学位号(MFA)取得。MPAA(全米映画協会)賞受賞UCLAシネコ映画団体代表。

1999年春、短編「モーメント・カフェ」がヒューストン・ワールドフェスト映画祭で金賞受賞。2000年2月初長編スリラー映画「Cruel Game」DVD全米リリース(ユニバーサル)。「エンジェルゲーム」DVD日本マーケットリリース(D’s Gate)。「Deception」海外40ケ国配給中。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、よろしくね!












































短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(1... by mapicomedia

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付... by mapicomedia

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSリンク