Tattooタトゥーを巧みに使った映画・・・とは?

映画「エンジェルゲーム」では、謎を解く鍵の一部としてTattooタトゥー(入れ墨)を取り入れた。


アメリカ軍部入隊の規則として厳しい細かい入れ墨禁止令があったが、それではなかなか若い良い人材の勧誘を妨げてしまうということで、数年前に顔と頭のみ禁止と緩和した。アメリカでは、一般的にもファッションとして受け入れられているようだ。

巧みにタトゥーを使った最近の代表作品は、なんと言ってもテレビの「プリズンブレイク」だろう。デザインもあれだけ凄いとまさに芸術作品だ。
今年始め日本では公開済み、最近アメリカでも公開されたスウェーデン社会派映画の「ミレニアムドラゴン・タトゥーの女」が印象的だ。ドラゴン・タトゥーは、どちらかというとキャラクターの内面のメタファー(隠喩的)、シンボリズム(印象的)と捕えられる。サスペンス&ミステリーのぐいぐいと入り込むストーリーで2時間半を感じさせない。目をそらすようなバイオレンスもあるので、これから見る人は心構えを。

これからも、時代の流れと共に様々な現象、ファッションを巧みに使った作品が作り続けられるだろう。

エンジェルゲームDVD絶賛発売中!
アマゾンで発売中!


エンジェルゲーム・オフィシャルサイト




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/04/26(月) 11:08:42

名優マコさんとの想い出とは・・・?

名優マコさんとの想い出

「エンジェルゲーム」にも出演して頂いたベテラン俳優のマコさんとの想い出話です。数年前72才の若さで惜しくもお亡くなりになりました。その時は、急なニュースで大変ショックでした。

僕は30年前ほど、アメリカ留学前の決意に悩んでいた頃、東京の本屋で一冊の本を見つけました。『アメリカを生きる』マコ・イワマツ、副題が「紋切り型日系人像を突きぬけろ」でした。「砲艦サンパブロ(1966年)」でアカデミー助演男優賞にノミネートされたあの俳優だ、とは存じていました。アメリカの憧れはもともと映画の影響だったので、一気に読みました。こういう人が既にアメリカで活躍していたんだ、という驚きはこれからアメリカに旅立ちたい若者に夢と勇気を与えてくれました。

(一気に時間はとんで)
自分の長編監督作品の出演にマコさんは了解してくれてました。始めて撮影現場にマコさんが現れた時も明確に覚えております。アメリカ人スタッフが、アメリカでは伝説的な俳優になっているマコさんに敬意を表している雰囲気が感じ取れました。マコさんは、とても気さくでユーモアあり、スタッフの誰とも打ち解けて、雰囲気がなごみました。回りが緊張しないように、気を使っているのが伝わりました。

「砲艦サンパブロ」の撮影で、スティーブ・マックウィーンとの話もしてくれました。スティーブのバイクの後ろに乗って、休みには街中を走り回ったりエキサイティングな体験だったと。兄貴分のスティーブはマコさんを弟の様にかわいがってくれたと。その時のマコさんの目はとても輝いていました。

「エンジェルゲーム」のマリブでの海辺の撮影シーンでは、長い待ち時間中に椅子をすすめても、皆が立ちっぱなしだから、となかなかすわりませんでした。砂浜で遠くからかけ走るシーンは10回ほど撮り直しましたが、一言も文句も言わず、一度も息切れせず、動きも台詞もピタっと決めました。一緒に走ったFBI役の若い現役プロ・アイスホッケーのショーン・オドニル選手の方が明らかに息があがってました。

監督の僕が他の俳優とシーンの解釈の違いで色々と言い争いしてる時は、的確なアドバイスと励ましの言葉をかけてくれました。俳優はどうしても自分のやりたいようにやりたがるが、監督はそれを理解した上で、うまくこなした方がいい、自信を持て、とも。プロ精神はもちろん、演技への情熱、そしてなによりも日本人の誇りと人間的な厚さと暖かさを感じました。昔は、かなり厳しい人だったと、段々と丸くなったとも聞いていました。

編集中にモニターを見て感じたのは、マコさんが出るシーンは重みというか、ひきしまるのがはっきりと伝わってくるのです。これはなんとも言えない、俳優が持つ魅力なのでしょう。そして彼が出演すると作品の信ぴょう性というか価値があがるのも事実なのです。

次回作の脚本にも実はマコさん役を想定して書いてありました。もう一度一緒にお仕事したかったのに本当に残念です。しかしアメリカに来て、まさかあのマコさんと一緒に映画をつくるなんて、というウソのような夢が本当に実現できたのは一生の想い出です。光栄と感謝の気持ちで一杯です。今でも色々な映画でマコさんが出演しているのを見るとなつかしく感じます。マコさんの素晴らしさは次の世代の人たちへ惜しみない育成と努力を捧げてくれたことです。映画は世界中の人々に感動を与えてくれます。これからアメリカを生きる』人たち、頑張りましょう!

エンジェルゲームDVD絶賛発売中!
アマゾンで発売中!


エンジェルゲーム・オフィシャルサイト




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/04/20(火) 11:40:09

ウエストエルエーの公園の桜

数年前に書いたコラムですが、ここに載せます。

「桜咲く」

アパートからジムに通う途中、数分車で走ると…あらま、こんな所に桜が…。ウエスト・ロサンゼルスにあるストーナー公園だ。日本の桜と比べて少し濃い目のピンク色だ。あまりにもの奇麗さに思わずデジカメを手にする。

毎年、桜みたいのが咲いてるとはなんとなく気付いてはいたが、今回のように公園の中を歩き回って写真を撮るのは初めてだ。子供達がはしゃぎながらサッカーをしてる。テニスを楽しむ大人達も。風が吹き、桜の花びらが空に舞う。スローモーションのようにやがて緑の芝にやさしく落ちる。色も、匂いも、動きも美しい。桜を見て体が震える程不思議な感傷がこみ上げてきた。日本が恋しくなったからだろうか? 年をとって、自然の美しさを妙に感じるようになったからだろうか?

なぜこのウエストLAに桜が? ツツジの花も咲いている。石灯籠のある小さな日本庭園を見つけた。石碑が立っており、その謎が解明できた。1931年に、ソーテルと言われるその地域に住む日本の移民達が親睦のためにこの庭園を造った。1931年と言えば満州事変が起きた年。日米関係が悪化し始めた頃だ。1933年には日本は国際連盟脱退。その後第二次世界大戦へと突入して行く。先人達はどんな想いで庭園を見守っていたのだろう。そして桜は1994年に日米コミュニティー・センターの人達が寄贈してボランティア達によって植えられた。

この桜はずっとこれからもこの公園で毎年この時期のみだけど一生懸命咲いてくれるんだな、と思うと何か勇気づけられる。桜さん、ありがとう。
(2007年3月31日 羅府新報のコラムより)











エンジェルゲームDVD絶賛発売中!
アマゾンで発売中!


エンジェルゲーム・オフィシャルサイト




にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、クリックよろしくね!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • 2010/04/14(水) 18:01:22

プロフィール


nagadoifilms


1963年東京生まれ。東京出身。1987年ミネソタ州マカレスター大学卒業後、アーサー・ヤング・インターナショナル(現アーンスト&ヤング)入社。1994年UCLA大学院映画学部にて修士学位号(MFA)取得。MPAA(全米映画協会)賞受賞UCLAシネコ映画団体代表。

1999年春、短編「モーメント・カフェ」がヒューストン・ワールドフェスト映画祭で金賞受賞。2000年2月初長編スリラー映画「Cruel Game」DVD全米リリース(ユニバーサル)。「エンジェルゲーム」DVD日本マーケットリリース(D’s Gate)。「Deception」海外40ケ国配給中。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村
応援ブログ、よろしくね!












































短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(1... by mapicomedia

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!

短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付... by mapicomedia

短編映画『モーメント・カフェ』日本語字幕付き(18分)をどうぞ!


短編映画『サムライ・セールスマン』日本語字幕付き(25分)をどうぞ!


カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

検索フォーム

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

RSSリンク